朝礼ネタ 段階的学習に関する一分間スピーチ

新しいことを学習するときは、いきなり全部を覚えようとせずに
段階的に学習を進めていくと効果的な場合があります。

たとえば、スキップについて考えてみましょう。
子どものころスキップが苦手という方もいれば、
大人になった現在でも苦手にしているという方もいらっしゃいます。

スキップが苦手な人というのは体の動かし方以前に
スキップのリズムが分からないか、そのリズムが取れないことに問題があります。
ですから、まずはスキップのリズムを手で叩いたり、
腕を振りながら口でリズムを取ったりし、スキップのリズムを体に覚えさせます。
その後、すぐにスキップにチャレンジすると不思議とリズムを取ることができるようになっています。
その他にも、左右二回ずつのケンケンから入り、色々なリズムのケンケンを練習する方法もあります。

スキップは、全身でリズムを刻むことがポイントになるのですが、
一度に全身を整えようとしても大変なので、
少しずつできることから行っていけば良い・・・というわけです。

この中には新しいことに挑戦したときに、
うまくいかなくて挫けてしまったという経験のある方もいらっしゃると思います。
でも、「今日は全体のうちのこの部分だけをできるようにしよう」という気持ちで行えば
達成感を得ながら成長していくことができますよ。