朝礼ネタ 段階的教育に関する一分間スピーチ

みなさんは、縄跳びで二重跳びをすることができますか?
中には、覚えるのに苦労したとか、
実は今でもできませんといった方がいると思います。

でも、実は…縄跳びを普通に飛べるくらいのレベルがあれば、
簡単なコツを掴んで、ちょっと練習をすれば
すぐに二重跳びができるようになるんです。

そのコツとは、二重跳びのリズムを掴むことです。
やり方はとても簡単です。
ただジャンプをして空中で二回手をたたくだけ。

このとき、手をたたくタイミングは
ちょうど縄が地面に触れるタイミングに合わせます。
これを行うことで、縄を回すスピードやリズムを
身体に覚えさせることができるというわけです。

これは、みなさんが部下や後輩を指導するときに役立つ考え方になると思います。
誰かに新しいことを教えるときでも、伝える内容が多かったり、複雑だったりする場合は
なかなか理解してもらうことができません。

でも、マスターするために必要な要素を明確にして、
ひとつひとつを段階的に教育していけば、
確実に高い教育効果を得られることでしょう。

これから、新入社員や後輩の指導を行う方や
プレゼンなどで誰かにメッセージを伝える必要のある方は、
ぜひ、段階的なメッセージを意識してみてください。