朝礼ネタ 共同購入クーポンに関する一分間スピーチ

今日は共同購入クーポンに関する一分間スピーチを行います。

共同購入クーポンとは、購入者が一定以上になった場合に取引が成立するという
クーポンサービスです。

旅行やエステ、飲食店のメニューが
半額以下や100円、無料となることも珍しくなく
それぞれが赤字覚悟で取り組んでいます。

多くの目的は口コミやリピーターへの期待にあります。
クーポンでお客様を呼び、そのお客様に口コミとしての情報発信してもらったり、
サービスに満足させ、リピーターとして、再度訪れてもらうということですね。

ただ、中には口コミ効果やリピーターを期待するはずのクーポン利用者を
無碍に扱うというアホらしいことをして失敗している店舗もあるようです。
従業員全員がクーポンの目的を理解していない結果なのかもしれませんね。

私たちの行っているひとつひとつの企業活動には必ず意味があります。
全員がそれを理解して、同じ目的に向かって行動していけるように頑張りましょう。

=========================================

上記は失敗例を中心とした内容。
活用例を紹介するなら、次のような感じです。

尖閣諸島の一件で、中国人観光客が相次いで宿泊施設をキャンセルし、
空室だらけになった施設への救済措置としても話題になりました。
さらに、店舗によっては、お客さんが少ない曜日や時間があります。
その時間を狙ったクーポンを発行するなど、工夫は色々です。

==========================================

■共同購入クーポンサイト
クーポンサイトでは、毎日のように内容が変わります。
また、画面上の方で地域を限定できるサイトもあるので
しっかりとチェックしてみてくださいね。