CATEGORY 朝礼スピーチ上達のコツ

朝礼におけるスピーチ上達のコツをご紹介します。スピーチは、あなたの伝達力や表現力を鍛えるための練習の場になります。目的を持ってスピーチに臨むようにしてください。

伝達力と表現力:朝礼スピーチ上達のコツ

朝礼のスピーチにおいて、聞き手にメッセージを届けるためには伝達力と表現力が求められます。伝達力とは、相手に情報を伝える力(わかりやすさ)です。一方の表現力は、効果的に情報を伝える力(インパクト)になります。この2つを高めるポイントを確認していきましょう。

つかみの手法「質問・謎」:朝礼スピーチ上達のコツ

「わざわざクイズにせずとも、伝えたい情報を伝えれば良い」という方もいらっしゃいます。でも、単に情報を与えるだけでは「ふ~ん」で終わってしまいます。それを質問やクイズにすれば「早く答えを教えてほしい」という心理状態を作り出すことができます。この状態の情報提供ほど有効なものはありません。

朝礼スピーチの目的:朝礼スピーチ上達のコツ

私にとって良い朝礼スピーチとは、人を動かす朝礼スピーチです。単に情報を提供するだけでなく、その情報をもとに行動をしてもらわなければ意味がありません。ただし、人を動かすには相当なエネルギーが必要になります。私が目標とする朝礼スピーチは、そんなエネルギーを提供できるくらいの強烈な朝礼スピーチです。

つかみの手法「驚き」:朝礼スピーチ上達のコツ

「驚き」とは、自分の想像を上回る何かが起きたときに生まれる感情です。この驚きは、すべての感情の源泉とも言えます。たとえば、想像よりも嬉しいことがあれば喜び、想像よりもイヤなことがあると怒りや悲しみを生みます。そういう意味では、相手の感情を動かすための基本が「驚き」の中に詰まっていると言えます。

「つかみ」の大切さ:朝礼スピーチ上達のコツ

一分間スピーチや三分間スピーチの印象は、最初の「つかみ」で9割が決まります。早速ですが、みなさんに質問があります。人は、どのようなときに話を聞きたくなると思いますか?つかみには、「続きが気になる心理」を呼び起こし、聞き手が情報を待ち望む態勢を整えさせる効果があるのです。