CATEGORY 季節・今日は何の日(秋)

9月6日の朝礼ネタ クレームの日

クレームに対応するためには、「クレーム通報者の目的」を明らかにすることと、「説明責任を果たすこと」が大切になります。まずは通報者の目的についてですが、これを把握することはクレーム対応の早期解消に繋がります。通報者が純粋に意見を述べているのか、話を聞いてもらいたいのか、、謝罪を求めているのか、金品を求めているのかなど、最終的な目的を把握することで、その対応が行いやすくなります。その上で、トラブルが発生した原因を明らかにし、今後の対策まで含めて説明責任を果たすことで通報者が納得してくれるようになります。