朝礼ネタ ペダルなし自転車

先日、子ども(or友人の子ども)へのプレゼントにペダルなしの自転車をプレゼントしました。以前から近所の公園で子ども達が使っているところを見ていたのですが、私たちが子どもの頃には無かった革新的な商品だと思いました。

ペダルなしの自転車は、足で地面を蹴って進むようになっています。基本的に足を地面につける仕様になっているので、補助輪がついていなくてもバランスを崩して転ぶことはほとんどありません。しかもスピードを付けて両端を浮かせば補助輪なしの自転車のバランス感覚を体感することができます。ですので、「これほど安全に自転車の練習ができるものなんて、他には無いよな~」と感じています。

さて、ペダルなしの自転車は、「物事を覚えるコツを商品化したもの」と言えるでしょう。人間、知識や動きなどを習得する際には、一気にすべてを習得するのではなく、いくつのかの要素に分解した上で少しずつ学ぶのが基本です。ペダルなし自転車は、ハンドルの感覚、自転車に座る感覚、そして補助輪なしのバランス感覚などを順番に習得できる仕様になっています。

このように商品を企画する際には、私たちが普段から考え、行っていることをそのまま具体化したものが良いものを生み出す秘訣となります。私たちの身の回りには、安全や効率のための工夫がたくさんありますので、ぜひこうしたところからヒントを得ていきましょう。

お手軽がペダルなし自転車 BBスター