朝礼ネタ 占い師のテクニック

みなさんは、占いはお好きですか?
私は占いを信じてはいないのですが、
占いを信じてしまう気持ちは、よーく分かります。
なぜなら、信頼を得るための技術や仕組みが
しっかりと確立されているからです。

人は、自分のことをピタリと当てられると、
「え?何で分かるの?」「すごい!当たった!」
というように驚くのですが、
一方で外れたものは忘れてしまいます。
ですので当たったものは強く記憶に残ります。

また、占いでは当たる可能性を高めるテクニックが使用されています。
そのうちの1つがバーナム効果やフォアラー効果と呼ばれるものです。

これは誰にでも該当するような
曖昧で一般的な性格をあらわす言葉を
さも自分自身だけに向けた言葉のように感じてしまう効果です。

たとえば
「あなたは他人から好かれたい、
賞賛してほしいと思っており、
それにかかわらず自己を批判する傾向にあります。」

とか

「あなたは外向的・社交的で愛想がよいときもありますが、
その一方で内向的で用心深く遠慮がちなときもあります。」

といったものです。

こうしたものを駆使して自分のことを言い当てられると
その相手のことを自分の理解者だと勘違いし、信じてしまうのです。

こうして聞くと悪いテクニックのように聞こえますが、
これをお客様に行うことでお客様への理解を示し、
信頼を獲得するのにも役立てることができます。

こうした表現はWikipediaなどで確認できますので、
ぜひ参考にし、活用してみてください。