朝礼ネタ 人の心を動かす「カチッサー効果」に関する一分間スピーチ

みなさんは、こんな実験をご存知でしょうか。

コピー機を使用中の方に声をかけ、
順番を変わってもらうという実験です。
このとき、3種類の方法で声かけを行い、
それぞれコピーを譲ってもらえる割合を調査しました。

まずは、オーソドックスに
「先にコピーを取らせてくれませんか?」と声をかけた場合は、
約60%の人がコピーを譲ってくれました。

次は、「急いでいるので、先にコピーを取らせてもらえませんか?」と声をかけたところ、
なんと94%もの人が譲ってくれるという結果になりました。
「急いでいるので」という正当な理由がつくだけで、こうも違うのですね。

さて、面白いのが3番目です。

最後は「コピーをとらなくてはいけないので、
先にコピーを取らせてもらえませんか?」と声を掛けました。
「コピーをとらなくてはいけない」というのは、
先にコピーを譲ってもらうための理由になりませんよね。
特に急ぎの理由ではないので、その人の後でもいいはずです。
ただ、それにも関わらず、なんと93%もの人が譲ってくれたのです。

このように、人に依頼をするときに「○○なので」という理由を付けると、
要求を承諾してもらいやすい…ということがわかったのです。
しかも正しい理由ではなく、やや無理やりな理由であっても、その結果変わりません。
これは意外ですね。

でも、人は元来より自分なりの意味や理由を求める生き物です。
たとえば、目標を立てたとしても、自分なりの目的が無ければ達成しようとは努力しません。
ですので、何となくこの結果にも納得がいく気がします。

みなさんも、お客様や同僚に何かをお願いするときは、
ぜひ「○○なので」という理由付けを行ってみてください。