12月21日の朝礼ネタ バスケットボールの日

今回の朝礼ネタは「バスケットボールの日」についてです。12月2日だけの朝礼ネタではなく、いつでも使える内容になっています。主なテーマは「SLUM DUNK」「安西先生」「目標達成」です。

ここから朝礼のネタ

「諦めたらそこで試合終了ですよ…?」という言葉があります。

これは、スラムダンクというバスケット漫画に登場する顧問の安西先生の名言です。大体、1990年くらいの言葉ですが、とてもシンプルながら、あらゆる物事の本質を突いているため、今でも語られることが多いです。

社会人ともなると、目標を持って行動するようになります。売上目標、生産目標、品質目標、納期目標など、いろいろありますね。こうした目標は、普通にしていれば達成する値ではなく、計画や実行、改善など、ある程度の工夫や頑張りをプラスすることで達成できる値が設定されるものです。

ですから、安西先生が述べたとおり、その目標の達成をあきらめた瞬間に試合が終了するのは間違いありません。一方、目標達成に向けて、しっかりと計画を立て、適切な方法で、かつそれを繰り返し実行し続けることができれば実績を上げていくことができます。その適切な方法を見つけたり、繰り返し実行したりするのが大変ですが、その分だけ実現したときの達成感や成長が大きくなっていきます。

さて、本日12月21日はバスケットボールの日に制定されています。それにちなんでスラムダンクより安西先生の名言を使ってお話させていただきました。しっかりと目標を持つことと、その目標に向けた努力を怠らずに前進していきましょう。