12月17日の朝礼ネタ 飛行機の日

今回の朝礼ネタは「飛行機の日」についてです。12月17日だけの朝礼ネタではなく、いつでも使える内容になっています。主なテーマは「子どもと飛行機」「準備」「気遣い」「人間関係」です。

ここから朝礼のネタ

本日、12月17日は飛行機の日に制定されています。先日、旅行に行っていた友人から聞いた話ですが、小さな子どもを連れての飛行機は、非常に気を遣うとのことでした。

とにかく周りに迷惑をかけないためにと、フライト時間に合わせて寝るように疲れさせておく。混雑しない時間帯を選ぶ。出入りしやすい通路側の座席を選ぶ。耳の痛みを和らげるために食べ物を用意する。飛行機内であやすためのものを用意するなど、色々と手を尽くしているそうです。

その一方で、そうした気遣いを一切しない親がいるのもまた事実。また、また、周りで見守る人についても、子どもに寛容な人から、そうでない人まで様々です。誰もがほんの少しだけ冷静になり、寛容になり、そして気遣いができるようになれば世の中、平和なのにと思うことがあります。

そしてこれは職場でも同じです。仕事である以上、責任もありますし締めるべきところは締めなければいけません。ただ、チームとしてのエネルギーを最大限に発揮するためには快適な職場、快適な人間関係もまた重要です。そのために必要なものの1つが、寛容さ。つまり人としての器です。私は余裕やゆとりのある人こそ、格好いい大人であると考えています。