12月15日の朝礼ネタ 暴君ネロ生誕

今回の朝礼ネタは「暴君ネロ」についてです。12月15日だけの朝礼ネタではなく、いつでも使える内容になっています。主なテーマは「学び」「結び付け」です。

ここから朝礼のネタ

12月15日は暴君と呼ばれたローマ皇帝、ネロ・クラウディウスが生誕した日になります。私はあまり歴史に詳しくないのですが、過去の偉人を取り上げた漫画やゲームなどの作品もあるため、こうしたところで記憶を結びつくことがあります。

現在、Eテレで「ねこねこ日本史」というアニメが放送されています。これは、猫が日本の偉人に扮するコメディー作品です。実は、私の子どもがこのアニメを大好きで毎週録画し、週に何度も見返しています。私の子どもは、まだまだ歴史を学ぶ年齢ではありませんが、こうして歴史や教養についての興味を想起させてくれる番組の存在はとてもありがたく思っています。

また、人は、新しいものを学ぶときに過去の知識や経験を結び付けながら理解をするものです。小さな頃から触れた名前が学校で出てきたら、きっと作品と結び付けて覚えてくれることでしょう。

私たちの学習も同じです。私たちが得た知識や経験は、必ず未来の糧となります。ですから自己啓発や経験から来る内省をしっかりと行い、自分自身の血肉として蓄えていきたいと思います。