12月4日の朝礼ネタ 中川家のお兄ちゃん

今回の朝礼ネタは「中川家のお兄さん」についてです。12月4日だけの朝礼ネタではなく、いつでも使える内容になっています。主なテーマは「組織」「フォロー」です。

ここから朝礼のネタ

本日、12月4日は中川家の兄、中川剛さんの誕生日なんだそうです。ご存知だと思いますが、中川礼二さんの実の兄なので、周りからは「お兄さん」と呼ばれることもあります。

礼二さんが「兄」と呼ぶのは問題ないのですが、外国では礼二さん以外が「お兄さん」と呼ぶことに違和感があるそうです。たとえば、普通の家庭でも、自分の子どものことを「お兄ちゃん」や「お姉ちゃん」と読んだり、自分の父親や母親のことを「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ぶことがあります。

これは、家族の一番下の子どもを基準とした呼び方です。日本では昔から一番の弱者である幼いものを守るために集団を形成してきたため、このような文化が形成されたそうです。ある意味では、日本式の組織形成のヒントにもなるかもしれませんね。

日本では、仲間のフォローを非常に大切にします。当然、フォローされる側の方も目標達成に向けた努力をしているのが前提であり、これによりお互いの信頼関係が結ばれていきます。それを、新たな人材が入るたびに何度も何度も繰り返し行うことで会社は維持・発展していきます。

仲間への気配りや配慮。あとは勤勉。これこそ、自分や組織を成長させるために必要なことと言えるでしょう。