11月4日の朝礼ネタ ユネスコ憲章記念日

今回の朝礼ネタは「ユネスコ憲章記念日」についてです。11月4日だけの朝礼ネタではなく、いつでも使える内容になっています。主なテーマは「価値」「意味」「存在意義」です。

ここから朝礼のネタ

本日、11月4日はユネスコ憲章記念日です。ユネスコというのは「国際連合教育科学文化機関」のことで、教育、科学、文化の発展と推進を目的とした専門機関です。その中の活動で最も有名なのが、やはり世界遺産の登録でしょう。

日本にも原爆ドーム、姫路城、古都京都など、たくさんの世界遺産があります。もちろん、日本が誇る富士山も世界遺産の1つです。そんな富士山は名山としての価値、信仰対象としての価値、さらには芸術としての価値など、複合的かつ圧倒的な価値を保有しています。価値とはすなわち「意味」です。その存在がどのような意味を持っているのか、それがどのくらいの大きさなのかが価値となるのです。

では、私たちの商品、そして私たち自身の価値とは何でしょうか。私たちは、自身の存在意義を見出し、それを発揮することが求められます。また、ときに新たな価値を創造することも求められます。そのようなときにこそ、「顧客にとっての意味」「社会にとっての意味」という視点が重要になることをしっかりと意識しましょう。