10月27日の朝礼ネタ 読書の日

今回の朝礼ネタは「読書の日」についてです。10月27日だけの朝礼ネタではなく、いつでも使える内容になっています。主なテーマは「知識・経験・思考」「深く考える習慣」です。

ここから朝礼ネタ

秋と言えば読書の秋!その中でも本日10月27日は「読書の日」に制定されています。よく、大人になってから読書の重要性を実感する…と言いますが、私もその1人です。その理由も、ごくごく普通で知識やスキル、教養などを得ることが挙げられます。

さて、その読書についてですが、ここにいるみんなが同じ本を読んだ場合でも、得られる知識やスキルには個人差があります。その差は、その本に対してどれだけ思考したかに影響されます。たとえば「自分が置かれた環境での活用方法を検討する」、「元々持っている知識や経験との組み合わせてみる」、「本の内容を裏取りする」などが挙げられます。

勉強やスキルアップのための本は、ただ読めば良いというものではありません。極端なことを言えば、本を眺めただけで恩恵を得ることはできませんよね。その本なら何を捉えて、どのように活用するかが鍵です。みなさんの中にも本を読んでいる方がいらっしゃると思います。ぜひ、その読書からより多くのものが得られるように深く深く考える習慣を身につけていきましょう。

<その他の朝礼ネタ>
読書や学習に関する4つのレベル