朝礼ネタ 10月10日:目の愛護デーに関する一分間スピーチ

本日、10月10日は目の愛護デーです。
10を横にして、縦に並べると眉と目に見えることから制定されました。

このような仕事をしていると、パソコンとにらめっこが多くなるため、
どうしても目が悪くなってきます。
でも、少しでも目の疲れを和らげることはできます。

最も分かりやすい例はブラインドタッチです。
ブラインドタッチができる人はずっと画面を見ながら入力できますよね。
画面を見続けていると目が疲れると思われがちですが、
実は、ブラインドタッチができない人に比べると目の疲れは少なめです。
ブラインドタッチができない方は、キーボード・画面・キーボード・画面というように
目線を大きく動かしますよね。
実は、これが目を疲れさせる要因になります。

目は人間にとって、非常に大切な器官です。
ですから、目の愛護デーをきっかけにブラインドタッチを覚えてみるのもいいかもしれませんね