朝礼ネタ 100点でなければ0点

今日はビジネスの基本についてお話します。まず、胸に刻んでおきたいのが「100点でなければ0点」という考え方です。

たとえば商品の品質に関して、95%が問題なくても5%に問題があれば事故やクレームに発展します。もちろん、商品だけでなく、自分がこなすすべての仕事にも同じことが言えます。

なお、100点というのは、決して満点ではありません。言わば達成しなければならないノルマです。私たちの仕事には、それ以上の付加価値を乗せてプラスを出せるものもあります。ただ、いくら付加価値を乗せたとして、最初のノルマとして与えられた部分に不足があれば、それは0点になります。

私は、この道のプロとして「100点でなければ0点」という言葉には、強いこだわりを持っていきたいと思います。そして、その上で100点以上を突き詰めていくことも忘れないように心がけていきます。