10月8日の朝礼ネタ 木の日

本日は10月8日は木の日です。これは、漢字の「十」と「八」を合わせると、木という漢字になることから制定されたそうです。

私が前にいた職場では改善活動が盛んにおこなわれていました。その中には、職場環境を改善するための一環として、自分で木工作業を行い、棚や収納スペースなどを作る人もいました。私もそのうちの1人です。

木工作業なんて中学で習った技術の授業以来の体験だったのですが、改めて職場改善のために行ってみると、図面の大切さに気付かされました。それまで、木工作業というと、手先の器用さで得手不得手が決まるようなイメージがありましたが、それ以前に、目的に合わせた大きさやデザインをしっかりと決めておくことが鍵となります。また、このデザインがしっかりとなされていれば手先の器用さなどは、十分にカバーができる誤差程度でしかありません。

私は、こうした経験から「モノづくり」から得られる知識や経験は非常に大きなものであると感じるようになりました。特に、計画時点において、数字や設計を徹底的に行うことについては、とても実用的な知識が得られると思いますし、私たちの会社の企画や設計をする際の考え方としても役立つと思っています。みなさんも職場や家庭を改善する際に、ぜひ木工作業を行ってみてください。