9月16日の朝礼ネタ マッチの日

本日は9月6日はマッチの日です。火をつけるためのマッチのことを指しているのですが、今日はマッチという名前にちなんで「コンテンツマッチサービス」についてお話したいと思います。

よくネットサーフィンをしていると「スポンサードリンク」や「Add by Google」などと書かれている広告リンクを見かけると思います。それからYouTubeなどにも広告が表示されますね。

これは、「コンテンツマッチ広告」といって、設置してあるサイトに合った広告を自動で表示させるというものです。なぜ、わざわざ自分のサイトに広告を設置するのかというと、広告がクリックされたり、広告をとおして商品が購入されたりすると、そのサイトの管理者に報酬が支払われるからです。

自動的に、自分のサイトにあった広告が表示されるため、その効果も抜群です。これぞまさにインターネット時代の広告なのだと思います。また最近では、ホームページや動画のコンテンツに合わせるだけでなく、インターネットの利用者がどのような検索をしているか、どのようなホームページを見ているかなどで表示される広告が決まるシステムもあります。これにより、見る人によって異なる広告が表示されるようになっています。まさにOne to Oneマーケティングの世界と言えますね。

このように、ネット社会では、個人のサイトや口コミを利用したビジネスも多くなっています。私たちのマーケティング活動のヒントが隠されているかもしれませんので、ビジネスモデルに関する知識については、しっかりとアンテナを張っておきましょう。