朝礼ネタ 9月16日:マッチの日

本日は9月6日はマッチの日です。
昭和23年の今日、当時は李急逝だったマッチの自由販売を記念して制定されました。

さて、今日はマッチつながりでコンテンツマッチ広告という
サービスについてお話したいと思います。

よくネットサーフィンをしているとスポンサードリンクやAdd by Googleと書かれ、
広告リンクが設置されているサイトをみかけると思います。
これはコンテンツマッチ広告といって、設置してあるサイトに合った広告を
自動で表示させるというものです。

なぜ、わざわざ自分のサイトに広告を設置するのかというと、
広告がクリックされたり、広告をとおして商品が購入されたりすると、
そのサイトの管理者に報酬が支払われるからです。

もちろん、広告を出す側にとっても、目的を持ってサイトに訪れた人に対し、
適格な広告が表示されるわけですから、広告としての精度も上がります。
そして、広告システムを提供する会社にも報酬が入り、
win-win-winの関係が保てる・・・というわけですね。

ネット社会が浸透し、One to OneやC to Cなど新たな形態のビジネスがでていますが、
このように、個人のサイトや口コミを利用したビジネスも多くなっています。
まだまだ商売の芽はたくさんあるでしょうから、見逃さないようにしたいですね。