朝礼ネタ 9月9日:救急の日の関する一分間スピーチ

本日、9月9日は9・9の語呂合わせで救急の日に制定されています。
私自身はまだ救急が必要な現場に遭遇したことがありません。
一応、自動車免許を取得したときに、応急処置を学習しましたが、
今はすっかりと頭から抜けていると言っていいでしょう。

このように、普段使用しない知識はどんどん抜けていきます。
逆に、普段から使用している知識は忘れることがありません。
基本的に、普段使用する知識というのは、
頭にあるだけのものというよりも、実際に行動に移しているものだと思います。
ただ、仕事の中には滅多に携わることのないものもあると思いが、
できれば、定期的に復習しておきたいですね。

ただ、普段の業務や自己啓発を考えると、それもなかなか難しいと思います。
やはり大切なのはメモ・・・、それかマニュアル化になります。
何事も明文化しておけば、たとえ忘れてしまっても見返すことができますからね。
メモは社会人の嗜みでもありますから、今一度、その意義を考えていきましょう。