8月26日の朝礼ネタ 風呂の日

毎月26日は風呂の日です。汗をかく時期ですので、夏場のお風呂はサッパリとして気持ちがいいですね。さて、そのお風呂についてですが、目的に応じて適した入浴方法があるのをご存知でしょうか。

たとえば、「疲れをとりたい」というときは、42℃前後の熱めのお湯にサッと浸かると良いと言われています。また、「気持ちよく眠りつきたい」という場合には、入浴方法が少し変わってきます。この場合は、40度以下のぬるめのお湯に10分から15分程度浸かり、しっかりと体温を高めるようにします。人は、体温が下がったときに快適な眠りにつけますので、就寝時間の1,2時間前に入浴を済ませるのがベストです。ちなみに、この入浴法は夏の日差しで傷んだ肌をいたわるときも有効です。

以上のように、目的や季節など、状況に合わせて適した入浴方法があります。でも、これは入浴に限ったお話ではないですよね。「何のために運動をするのか。」「何のためにその作業を行うのか。」など、あらゆる物事が目的に大きく影響されます。

そのため、自分自身の目的をしっかりと理解しておくこと…、そしてその目的を達成させるための方法を知ることは、社会人にとって欠かせない要素となります。みなさんの今の目標は何でしょうか。それは何のために達成をさせるのでしょうか。そして、それを達成させるために必要な行動は何でしょうか。

行動をすることも大切ですが、行動をしながら思考を働かせることも忘れないようにしましょう。