朝礼ネタ 8月20日:交通信号設置記念日に関する一分間スピーチ

昭和6年の今日、日本初の三色信号機が設置されたということで
本日8月20日は交通信号設置記念日に制定されています。

信号は見える化の基本とも言えるものですね。
見える化というのは、こちらから意図して見るPush型ではなく、
向こうから目に入ってくるPull型の情報収集ツールです。

この見える化というのはとても大切なものです。
最も簡単な例でいえば、どこに何があるのかが一目で分かるような状態です。
探し物をする手間が省けるので、会社での作業の効率化や
自宅の整理整頓に役立ちます。

見える化のポイントは誰が見ても分かるようにすることです。
整理が行き届いた環境で、行動しやすい環境が整えば、
効率や生産性が大きく上がり、異物混入などのミスも減るでしょう。

仕事をするには、環境も大切です。
ひとつのミスが、大きなクレームになることもあります。
見える化を意識して、より確実に、よりスピーディーに動ける職場を作っていきましょう。