8月20日の朝礼ネタ 交通信号設置記念日

昭和6年の今日、日本初の三色信号機が設置されたということで、本日8月20日は交通信号設置記念日に制定されています。

信号は「見える化」の基本とも言えます。「見える化」というのは、言い方が悪いかもしれませんが、イヤでも視界に入ってくる状態にすることを言います。たとえば、営業成績をグラフにして見える化することもあれば、大切な注意事項を張り紙しておくのも見える化になります。

そんな見える化の基本は、情報の整理整頓です。たとえば、緊急度や重要度の違いに関わらず同じ場所に掲示されていたり、期限がきれたものや誰も読まなくなっているものがあったりすると、見える化を妨げる要因になります。

見える化を用いて業務を改善する場合には、きちんと情報の整理整頓や更新を行い、成すべきことが明確になるように場を整えていくことが求められます。情報の取り違えが無駄な確認作業などを発生させないように自身が担当する情報管理や、担当者への報告などをしっかりと行うようにしましょう。