8月14日の朝礼ネタ 専売特許の日

1885年の今日、日本初の専売特許が交付されたということで、8月14日は専売特許の日に制定されています。

現在、「専売特許」という言葉は「他には真似できないこと、自分が得意とすること」という意味で使われることが多いです。実は、私にもそんな専売特許があります。それは、本業である『教育』と、私個人の武器である『メンタリズム』を組み合わせたことで築くことができました。(本業 × 趣味・特技の組み合わせにしましょう)

たとえば、「メンタリズム」に求められる心理的な知識やスキル、それから観察や誘導のデモンストレーションなどは、本業である「教育」と組み合わせることで、どんどん深みが増しています。また、あまり多くの人がやっていないことだと思いますので、自分だけの価値が提供できるようになり、オンリーワンのポジションを獲得できたとも思っています。

このように、本業を高めるための武器が見つかると、自分をブランド化することができます。つまり、職場や顧客に対して強い印象を与えていくことができるようになります。これは、自分の行動の軸にもなりますし、その武器を使い続け、磨き続けることで、さらに高い価値を提供できるようになります。

本業と組み合わせるのは何でも構いません。たとえば、ダンスが得意なら、「身体の動きでの視線誘導ができる」という点と、部下や顧客の誘導と結びつけることができます。このように、趣味や特技など身近なもので大丈夫なのです。ですので、まずは自分自身の趣味や特技の本質を抜き出し、本業と組み合わせることができるかどうかを考えてみることをお勧めします。ぜひ、みなさんも専売特許となるものを作っていきましょう。