朝礼ネタ 8月11日:ガンバレの日に関する一分間スピーチ

1936年の今日は、ベルリンオリンピックの
女子200m平泳ぎで前畑秀子さんが優勝した日です。
そのときの実況でアナウンサーが「前畑ガンバレ」と
連呼したのが話題になったことから
本日8月11日はガンバレの日に制定されました。

「ガンバレ」というのは良い言葉ですし、
人を動かすだけの強い言葉でもあります。
また、応援や発破かけとして定着しているので
何気なく発することができる身近な言葉でもありますよね。

でも、だからこそ、それを伝えるタイミングが大切になると思っています。
よく、「頑張っている人にガンバレは禁句」と言いますよね。
やはり、何かを伝える時には、その人をしっかりと見た上で発言すべきだと思います。

これはお客様との営業トークでも同じです。
興味がないことを延々と話すよりも、
興味を惹いたり食いついてきたりしたものを中心に話す方が有効的です。
言葉は人の心を動かすのに最も使い勝手のいいツールですから、
その使い方も工夫したいところですね。