朝礼ネタ 8月10日:道の日に関する一分間スピーチ

1920年の今日、日本で初めて近代的な道路整備計画が決定しました。
それをきっかけとして、8月10日は「道の日」に制定されています。

私は大学で経営学を学んでいたのですが、
私にとって「道」という言葉は、経営学と切っても切れない位置づけにあります。

「経営」という言葉の意味を漢字から考えてみましょう。
「営」の字に関しては「営む」なので問題はないですよね。
でも「経」の字に関しては、結構悩むところだと思います。

訓読みにすると時間が「経つ」ということで、「経過」などの意味で考えることができますが、
私は経営・経済・経験といった物事の特性も踏まえて「筋道(すじみち)」と捉えています。
つまり、「経営とは筋道を営むことである」というのが私の考えです。

経営や人生は一本道ではなく、いくつもの選択肢があります。
その中から意思決定をして、ひとつの道を選び進んでいるわけですから
「筋道」というのは、あながち間違いではないと思っています。

経営や人生において道を選ぶということは、
とても大切なことであり、大変なことでもあります。
でも、自分の将来に関わることですから、しっかりと吟味した上で
自分が進む道を選んでいきたいですね。