8月1日の朝礼ネタ 省エネ点検日

日本では365日のほぼ毎日に何らかの記念日があります。特に毎月1日には多くの記念日が制定されてるのですが8月1日も例外ではありません。

ところで、8月1日には似たようなテーマを持つ記念日が集中しているのですが、それは何か想像がつきますでしょう。

正解は省エネです。たとえば、自然エネルギー庁が「夏の省エネルギー総点検の日」として定めていたり、環境省が自然環境クリーンデーに制定していたりします。また、8月は1年をとおして最も水を使用する月であることから国土交通省も「水の日」として定めています。

会社によっては省エネを軽視しているようですが、省エネは会社にとって大切な課題の1つです。まず、会社の利益を上げようと思ったら売上を増やすか、費用を減らす必要があります。省エネにより費用が減ればそれは利益になります。

また、会社の存在意義という観点から言えば、会社には社会的貢献が求められています。そんな中、地球環境に配慮をしない経営をしたらどうなるでしょうか。会社の存在意義を真っ向から否定することになってしまいますよね。

今日から8月がスタートします。改めて私たちに関わるあらゆる人たちのことを考え、社会貢献ができるように努めていきましょう。