7月24日の朝礼ネタ ジーン・ウェブスター生誕(あしながおじさん)

みなさんは、ジーン・ウェブスターという方をご存知でしょうか。この方は、「あしながおじさん」の作者です。今日は、ジーン・ウェブスター生誕の日ということで「あしながおじさん」についてお話したいと思います。

「あしながおじさん」は、空想が大好きな少女ジュディが一人の資産家の目にとまり、毎月手紙を書くことを条件に大学進学のための奨学金を受ける…というちょっと変わった物語です。ジュディはその資産家のことを「あしながおじさん」と呼ぶことにしたのですが、そのあしながおじさんに宛てた手紙が、この物語の本編となっています。

ジュディの手紙を読んでいると、その内容や書き方から、どんどんジュディの魅力が見て取れるようになります。
豊かな想像力。
あしながおじさんに甘えるのではなく、自分に厳しく生きる芯の強さ。
無知な自分を見つめ、学ぶための手段として読書を選ぶ聡明さ。
作家としての夢を叶える意志力。
そして、1つ1つの出来事を一生懸命楽しみ、一生懸命悩み、一生懸命考え、一生懸命行動する素直さ。

こうしてジュディの魅力を挙げてみて思ったのですが、信頼される人、人に好かれる人、目標を達成できる人など、プライベートもビジネスも充実させられる人物像そのままのように感じます。その手紙からは、ジュディの素直な思いや考え方を感じ取ることができますので、まだ作品を読んだことがない方は、ぜひ一度読んでみることをお勧めします。お子さんの教育にもぜひ!