7月18日の朝礼ネタ 光化学スモッグの日

1970年の今日、日本で初めての光化学スモッグが発生したことにより、本日7月18日が光化学スモッグの日として制定されました。ちなみに、「光化学スモッグが何か」を説明できる方はいらっしゃいますか?光化学スモッグ注意報などで耳にしたことはあると思いますが、その実態を知らない方もいると思いますので、今回は簡単に説明していきたいと思います。

は、工場や車などの排気ガスと日光に含まれる紫外線が光化学反応を起こし、有害物質がスモッグ状になる現象を言い、5月から8月にかけて発生しやすいとされています。ちなみに、スモッグというのは煙を意味する「Smoke」と、霧を意味する「Fog」を合わせた言葉です。

では、人体にどのような影響があるのかというと、目や喉の痛み、皮膚や呼吸への影響、手足のしびれ、そのほか眩暈や意識障害など色々な障害がでるようです。治療や予防としては、体についた物質を洗い落とすしかなく、目を洗ったり、皮膚を洗浄したりするのが好ましいそうです。

世の中には、さまざまな問題があります。その1つ1つの対策を覚えておくのは大変ですが、今や気になったことはすぐにネットで調べることが可能です。特に、健康面やもちろんですが、私生活やビジネスなど、自分に関わるものごとについて、影響度が高そうな問題については、検索するクセを付けておくことをお勧めします。