朝礼ネタ 7月16日:虹の日に関する一分間スピーチ

本日7月16日は、7・1・6の語呂合わせで、七色(なないろ)となります。
それを受けてデザイナーの山内康弘さんが、本日を虹の日として制定しました。
これには「人と人、人と自然、世代と世代が虹のようにつながる日に」
という意味が込められています。

みなさんは社会人基礎力をご存知でしょうか。
経産省が発表した社会人の土台となる12の能力なのですが、
「自分で行動する力」「考え抜く力」「チームで働く力」の3に大別されています。

この中のチームで働く力には、伝える、聞く、違いを理解する、
状況や関係を把握する、規律や約束を守るなど6つの能力が挙げられていますが、
こうして聞いてみると、どれもとても基本的なことだと思います。

ただ、チームワークのことを考えると、直接的な言語のやりとりに注目が集まりがちですよね。
状況や関係を把握する力や、意見や立場の違いを理解する力という自分の内なる要素がある・・・
というのはとても大切なポイントだと思います。
虹の日である今日は、これを胸に頑張っていきたいと思います。