朝礼ネタ 7月15日:ファミコンの日に関する一分間スピーチ

昭和58年の今日は、ファミコンが発売・・・ということで、
本日、7月15日ファミコンの日となっています。

私の弟の話なのですが、高校生のときに、部活で伸び悩み、
無断欠席し、ゲームセンターで遊んでいたことがありました。
偶然、先輩に見つかって先生に怒られたそうなのですが、
そのときの話がとても印象に残ったと、私に教えてくれました。

先生は、「なぜゲームは面白いのか」と尋ねてきたそうです。
弟が沈黙していたところ、先生が2つ、ポイントを挙げました。
ひとつは、キャラクターに自分を投影できること。
もうひとつは、成長やクリアが容易であること。
つまり、疑似的な成長や自己達成が用意に体験できる・・・というわけですね。

先生はさらに続けて、
「人は誰しも成長や目標達成を求めているが、ゲームに捕らわれるな」と言ったそうです。
それから自分自身を成長させる努力の辛さと喜びも体験するように言及しました。
その結果、弟は最後まで部活をやりきり、今でも一番の恩師に顧問の先生を挙げています。

目標実現のためのプロセスには苦労が伴いますが、それ以上の達成感があると思います。
短期的な目標や中長期的な目標をしっかりと掲げ、常に前進していきたいですね。