朝礼ネタ 7月13日:ナイスの日に関する一分間スピーチ

本日、7月13日は7・1・3の語呂合わせでナイスの日に制定されていて、
「ナイスなことや素敵なことを見つける日」となっています。

もし、このことをお客様との話題のネタとして使うなら、
本来通りの「素敵なことが見つかる日」という言い方をしますが、
みなさんには「素敵なことを見つける日」という言い方をしたいと思います。

自分によって良いことが、ただ何も意識していない人間の目に映ることは、そうそうありません。
仮に目に映ったとしても、それに気が付かないでしょう。
そうではなくで、自分から「何かないか」と、意識して探すことで、
初めて見つけることができたり、もしくは、見つかる可能性をグンと高めることができます。

「ただ見えてくる」のと「意識して見る」のでは大きく違います。
英語でも「See(見える)」と「Look(見る)」というように、きちんと区別されています。

何かを得たいのなら、何らかの行動が必要といえでしょう。
今日も1日、自分でナイスな日を創り上げていくように頑張っていきましょう。