7月9日の朝礼ネタ ジェットコースターの日

昭和30年の今日、後楽園遊園地に日本で初めての本格ジェットコースターが設置されたことで、本日7月9日はジェットコースターの日に制定されています。

みなさんの中には、ジェットコースターが好きな人も嫌いな人もいらっしゃると思いますが、いずれにしても、かなりドキドキさせられる乗り物であることには違いありません。基本的に人間の鼓動が速くなるのは「感情の揺れ幅」が大きいときになります。

よく吊り橋効果などと言いますが、人は、感情を揺さぶられたときほど、その情報に強い印象を抱き、受け入れの態勢を整えてくれるようになります。

ビジネスにおいて、ジェットコースターのような刺激を与え、感情を揺り動かすのは少し難しいですが、「驚き」や「謎」を提供することで、少しずつドキドキさせることは可能です。たとえば、質問をするも良し、意外な事実を伝えるも良し、起伏のあるストーリーを伝えるも良しです。すると、「これから何が起こるのだろう」という期待感や、「面白かった」という満足感がドキドキを生んでくれるようになります。

相手の感情を動かすことは、相手の行動を促すことへと繋がります。部下や後輩、お客様などの行動をうまくリードしたいのであれば、まずは感情を動かすことから始めてみてはいかがでしょうか。