6月25日の朝礼ネタ 住宅デー

本日、6月25日は住宅デーに制定されています。職人の仕事や技能を知ってもらうための日という形になっており、補修のアドバイス、耐震診断、木工教室などをやっているそうです。

私は、今の家に引っ越してから、色々な木工作業を行っています。あまり大げさなものではなく、棚に板を挟んで収納力を2倍にしたり、机の上に小さな棚を作ったりといった程度のものです。

こうした作業に欠かせないのが数字を用いた計画・設計です。木工作業というと、手先の器用さで得手不得手が決まるようなイメージがありますが、それ以上に最初の計画やデザインの段階によるものが大きいです。

私は「モノづくり」が社会人としてのトレーニングにも役立つと思っています。そもそも、木工作業をするためのきっかけとして問題点や改善点、課題を見つける必要がありますし、作業前の綿密な計画や設計、資材の準備など、一連の流れがビジネスと同じ流れになっています。

こうした作業で手先や身体を動かすのも悪くないものです。また、職場環境の改善案を出したり、その改善を実行したりするのにも役立ちますので、ぜひ木工作業に挑戦してみることをお勧めします。