6月14日の朝礼ネタ 世界献血者デー

本日、6月14日は世界献血デーです。
そこで今日は、血液型についてお話をしたいと思います。

みなさんは、血液型占いを信じていますか?
実際のところは根拠がないものとされていますが、
ついつい信じてしまう…という方もいらっしゃいます。

ただ、これはとある心理効果が働いた結果かもしれません。
それはバーナム効果やフォアラー効果というものです。

では、目を閉じてください。
今から私がいう言葉に当てはまると思ったら
静かに手を挙げてみてください。

「あなたは他人から好かれたい、
 賞賛してほしいと思っており、
 それにかかわらず自己を批判する傾向にあります。」

では、手をあげてください。
ありがとうございます。
そのまま手を下してください。
もう一度、いきます。

「あなたは外向的・社交的で愛想がよいときもありますが、
 その一方で内向的で用心深く遠慮がちなときもあります。」

では、手を挙げてみてください。
ありがとうございます。
目を開けてくださって構いません。

会社で働いている以上、愛想は良いでしょうし、
自分の意志を持っていると思いますので、
ほとんどの方が当てはまると思います。

こうして、誰にでも当てはまるような性格に関する内容を
自分が言い当てられたと感じてしまうことを
バーナム効果やフォアラー効果といいます。

これは、血液型占いに限らず、
さまざまな占いに使用されている手法です。

悪用はこのましくありませんが、
これを使ってお客様の性格に共感を示してあげると、
すぐに信頼を得られることがあります。

心理学は効果的なコミュニケーション術の参考にもなりますので、
ぜひ意識して活用していきましょう。