6月4日の朝礼ネタ 虫の日

本日6月4日は「6と4の語呂合わせ」で
虫の日に制定されています。

そこで、今回は虫に関するクイズを出したいと思います。
少しずつ蛍の季節が近づいてきましたが、
蛍の何種類くらい存在するでしょうか。
次の3つの中からお選びください。

1番:20種類
2番:200種類
3番:2000種類

さて、いかがでしょうか。
正解は…なんと3番の2000種類以上です。

では、続けてもう1つ問題です。
この2000種のうち、光る蛍は何種類くらいいるでしょうか。
え?蛍ってみんな光るんじゃないの?と思うかもしれませんが
そうではありません。

1番:15種類前後
2番:150種類前後
3番:1500種類前後

さて、今度はどうでしょうか。
正解は…1番の15種類前後です。

私たちの中には「蛍は光るもの」という認識があるので、
これは意外な答えですよね。

このように、私たちは物事を自分の知っている情報や
過去の経験に当てはめて考えようとする特性を持っています。
これは、物事に対する理解を不可得ることにもつながるので、
決して悪いことではないのですが、
その反面、先入観を生んでしまうことがあります。

先入観や思い込みは、
勘違いやミスを生じさせる要因ともなり得ますので、
常に知識を更新し続けることと、
物事を冷静に見ることを忘れないようにしましょう。