5月27日の朝礼ネタ 百人一首

1235年の今日は百人一首が完成した日ということで、
本日5月27日は百人一首の日となっています。
そこで今日は、私が好きな歌をひとつご紹介したいと思います。

これやこの 行くも帰るも 別れては
知るも知らぬも 逢坂の関

「これが、東国へ行く人や京へ帰る人が別れては逢い、
知っている人も知らない人も逢うという逢坂の関だよ」
という内容の歌です。

この歌の魅力は
「全ての物は変わっていく永遠にとどまり続けるものはない」という無常観、
そして、口ずさみやすいリズムにあると思います。

「行くも帰るも」「知るも知らぬも」というリズムや反意語。
そして、「別れる」と「逢う」の反意語は分かりやすいですよね。
また、最後の逢坂の関が体言止めになっていて全体に余韻を残しています。

百人一首や短歌は、たった31文字しかないにも関わらず、
その文字数の少なさを感じさせない情報量があって
とても赴きがあると思います。

私も、営業や教育の際に、
印象強く、心に響くメッセージを送ることができるよう
教養を深め、奥の深い人間を目指していきたいと思います。