5月24日の朝礼ネタ チリ地震による津波被害

日本時間の1960年5月23日に、チリで地震が起きました。
その翌日。1960年の今日は、
チリ地震による津波が発生した日となっています。

さて、地震に関する偶然の一致が
密かに話題になっているのですが、
みなさんはご存知でしょうか。

それは、地震に関する46という数字です。
阪神淡路大震災は5:46。
東日本大震災は14:46。
そしてチリ地震が20:46に発生しています。

もちろん、これはただの偶然でしかありません。
あたかも100%、46分に発生するかのように
錯覚する人も出てきそうですが、
実際のところは46分に発生したものを寄せ集めただけです。

ただ、こうした偶然に無理やり意味づけをして
自分を納得させたくなるのが人間の心理なのです。

これを利用して、相手の意味づけを
サポートするようなメッセージを伝えると
相手の心理や行動を誘導しやすくなります。

インターネットで「カチッサー効果」と
調べていただくと、似たようなお話が出てきますので、
ぜひ、理由付けや意味づけの考え方を
知っていただきたいと思います。