5月3日の朝礼ネタ ゴミの日

本日は、「ゴミの日」です。
燃えるゴミの日でも、燃えないゴミの日でもなく、
5月3日の語呂合わせで「ゴミの日」という
記念日に制定されています。

そこで今日はゴミ捨てについて考えてみたいと思います。
もし、みなさんがゴミの処理業者だったら
どんな風にゴミが捨ててあると嬉しいですか?

一番は、きちんとルールやマナーが守られていることですよね。
・きちんと分別されている。
・決められた曜日に、決められた種類のゴミが出されている。
・ゴミ捨て場がキレイになっている
などが考えられると思います。

このように、利用者やお客様が
ルールやマナーを守ってくれると
提供側の仕事からムダが無くなり、
効率的に作業ができるようになります。

そのためには、決まりを明確にするとともに、
きちんとルールやマナーを守っていただいていることへの
感謝を示すことが大切になってきます。
これは当然、私たちの仕事でも同じですね。

また、「ルールやマナーを守ってもらえる方がうれしい」
と分かっているのであれば、
自分が利用者や客の立場になったときにも
きちんとするのが、できる大人の秘訣です。

引き続き、正しく分別を行い、
業者さんの手間を煩わせることが無いようにしていきましょう。

きっとその行いは、私たちにも返ってくると思います。