4月26日の朝礼ネタ よい風呂の日

本日4月26日は、4・2・6の語呂合わせで
「よい風呂の日」という記念日に制定されています。

お風呂の時間を快適に過ごすためには、
いくつかの注意点があります。

特に重要なのは、温度です。
人の身体は急激な温度変化に対応することが苦手なため、
いきなり熱すぎるお風呂に浸かったり、
お風呂から出るときに部屋が温まっていなかったりすると、
健康を害してしまうことがあります。

このように、基本として人は
急激な刺激に対応するのが苦手です。
これは脳への刺激も同じです。

人は、ダイエットや学習をするために
日々の習慣を変えようとすると、
脳が元に戻そうと頑張ってしまいます。
ですので、新しいことを始めたときの
「継続」というのは結構難しいものです。

ただ、脳は大きな変化を嫌う一方で、
小さな刺激であれば許容し、
またそれを求める傾向にもあります。

そのため、急激に生活や習慣を変化させるのではなく、
小さなことから少しずつ変えていくと
物事を継続しやすくなっていきます。

このとき、同じ刺激を与え続けても
それに慣れてしまい、刺激にならなくなってしまいます。
日々、断続的な刺激を与えるためには、
驚きや発見などを通して、
楽しく生活改善をしたり、
楽しく学習を進めることが大切です。

さて、まだまだ4月ということで、
年度が始まったばかりです。
5月以降に目標達成に向けて行動するためにも
行動の仕方を工夫していきましょう。