4月19日の朝礼ネタ 地図の日(最初の一歩の日)

本日4月19日は伊能忠敬が
地図の作成のために旅を始めた日ということで、
地図の日や、最初の一歩の日に制定されています。

少し話は変わりますが、
みなさんは、自分や行動を切り替えるためのスイッチをお持ちでしょうか。
私にはあります。

たとえば…アロマ!
集中力を高めたいときは、
レモンやグレープフルーツ、ユーカリなど、
スッとした香りを嗅ぐことから始めます。

それと、5分間ほど可愛いものを見る…というのも有効です。
これは広島大学の研究者が発表したものなのですが、
犬や猫、赤ちゃんなど可愛いものを見ると、
集中力が上がるという実験結果が出ています。

このようにアロマの香りを嗅ぐ、可愛いものを見る、
さらには音楽を聴くなどのように
五感に刺激を与えるものがスイッチになりやすいです。

自分の意識を切り替えるためのスイッチを持っておくと、
勇気を出したり、重い腰を上げたりして、
最初の一歩を踏み出すのも容易になってきます。

自分のやる気スイッチを知っておくのとそうでないのでは、
モチベーションや行動力に大きな差が出てきますので、
ぜひ、自分だけのやる気スイッチを見つけてみることをお勧めします。