4月13日の朝礼ネタ 決闘の日

本日4月13日は決闘の日です。
1612年の今日、日本で最も有名な決闘ともいえる
巌流島の決闘が行われました。

宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘ですね。
このお話の中でもとくに有名なのが
宮本武蔵がわざと遅刻をしてきたシーンです。
相手の心理を突くという作戦は見事ですね。

実は、遅刻については、創作と言われています。
でも、私たちの心に強く印象付けられていますよね。

我々、営業(教育・販促など)では、
いかに相手に印象付けるかが重要になってきます。
そういった意味では、この遅刻や心理戦といったお話にも
ヒントがありそうですね。

今後は、自分自身に強く印象付けられたストーリーを分析するなかで、
印象に残る理由を見つけ、それを自らの仕事に活かしてみたいと思います。

4月13日は喫茶店の日でもあります