3月2日の朝礼ネタ 遠山の金さんの日

本日、3月2日は遠山の金さんの日です。
その理由は、1840年のこの日、
遠山の金さんが北町奉行に任命されたためです。

時代劇と言えば、遠山の金さんのほかにも
暴れん坊将軍、水戸黄門などが挙げられます。

どれも町人に扮した主人公たちが
最終的に正体を明かして悪者退治をする
勧善懲悪ものです。

ストーリーが非常に明確でわかりやすく、
見ていて安心感がありますし、
最終的にスッキリとした感覚を得ることができます。
それだけストーリとして完成されたものになっているのでしょうね。

こうして、最終的に相手が求めるところに
物事を落ち着かせることができれば、
しっかりと満足感を与えることができるようになります。

ですので、引き続き定跡のアプローチを大切にするとともに、
個々のお客様が求めるものを的確に見抜く目を養い、
その要求に応えられるようにしていきたいと思います。