2月3日の朝礼ネタ 大豆の日

突然ですが問題です。

「健康に良い食べ物の代表」とも言えるのが納豆です。
では、その納豆は朝に食べた方が良いのでしょうか。
それとも夜に食べた方が良いのでしょうか。
どちらだと思いますか?

正解は…個人によって違います。
納豆には、色々な健康効果があります。

まずは、血圧を下げる、冷え性に効くというもの…。
このような効果を求める方は朝に食べるのがお勧めです。

また、納豆にはコレステロールを下げて、
血液にサラサラにする効果もあります。
こちらの効果を求める方は、
血流が滞りやすい就寝中に効果が出るよう
夜に食べると良いそうです。

このように、物事には適切なタイミングがあるとともに、
いくつかの選択肢から自分に適したものを
選ぶことも大切になります。

ちなみに、本日2月3日は大豆の日に制定されています。
豆まきに使う福まめとは少し異なる内容になってしまいましたが、
社会人の健康の味方!納豆についてお話させていただきました。

<その他のネタ>
納豆と組み合わせると効果が上がる食品があります。
たとえば唐辛子。(キムチ納豆など)
複数のものを組み合わせることで、
それぞれ単体で摂取するよりも効果的です。
こちらは、個人で成果を上げるのには限界があるけれど、
チームでなら相乗効果が狙えるなどのお話に繋げられます。