1月26日の朝礼ネタ 携帯アプリの日

普段、スマートフォンをお使いの方に質問です。

スマホのホーム画面を思い出してください。
その一番右上にあるアイコンは、
何のアプリか覚えていらっしゃいますか?

では、覚えている方。手を挙げてみてください。
そう、意外と少ないのです。
普段から使用しているにも関わらず、
意外と覚えていないものなんですよね。

では、今、スマホをお持ちの方は
答え合わせをしてみましょう。
ぜひ、スリープを解除して、ご覧になってみてください。

さて、答えは合っていましたでしょうか?
きっともう、これで忘れないですよね。
では、もう一度、スリープ状態にして
スマホをしまってください。

では、スマホを操作した方。
そのまま目を閉じていただいてよろしいでしょうか。

今、みなさんは確かにスマートフォンを操作しました。
ということは、必ず時計が目に入り、
正確な時刻を見ているはずです。

では、みなさんにお聞きします。
時計は何時何分でしたか?
正確に思い出してみてください。

では、お分かりになる方。
手を上げてください。

こちらも少ないですね。

でも、これは、いつ、どこで、誰にやっても
このような結果になります。

人間は、ひとつのものに意識を集中すると、
視野が狭くなり、ほかのものに意識が向かなくなります。

それと同様に、普段から「当たり前」になってしまっているものほど、
意外と意識が向かない傾向にあります。
これこそ、油断の原因のひとつになります。

決して「普段から右上にアプリに注意しろ」とか、
「必ず時刻を見ろ」と言いたいのではありません。
それは、どうでも良いことです。

でも、人間がこのような特性を持っていると知っているだけで、
安全や効率化への改善点が見つかるのではないでしょうか。

人間の注意力は散漫ですし、限界があります。
それをカバーするような改善があれば
今よりもっと働きやすい職場になり、
作業効率も向上していくと思います。

さて、本日1月26日は、携帯アプリの日なんだそうです。
せっかくですので、スマホを使ってお話をさせていただきました。